ホーム > サービス内容 > 法人のお客さま向け > 保安管理業務 > 委託業者選びのポイント

サービス内容

委託業者選びのポイント

信頼できる業者

低料金で契約した業者が、事故対応をしない、中部近畿産業保安監督部への届け出をおこたり、お客さまの知らないうちに違法状態になるなどのトラブルが増えています。 委託先選びは実績と信頼を重視して選びましょう。

契約内容がわかりやすい

業務内容、手数料が明瞭で分かりやすくなっているか、他のリース料、電気設備以外のメンテナンス料などが抱き合わせになっていないか確認しましょう。

事故発生時に迅速な対応ができる体制

停電や故障は、一刻も早く復旧させなければなりません。そのためには365日24時間対応できる設備、人員体制、機動力が必要です。
特に、大規模な自然災害の際は、電力会社や関係会社との関係が親密であれば事故状況の把握や早期復旧に有効です。また、事故故障の対応を受けた場合に手数料が必要かの確認もしましょう。

お客さまの要望への対応

通常点検の他にお客さまの要望に応じて各種試験・点検ができるか、省エネ診断・電力コスト削減などの診断を行っているか、各種講習会を実施しているかなど、総合的なサービスが提供できることを確認しましょう。

情報量

多くの実績のある業者には電気設備に関するさまざまな情報が蓄積されているため、電気設備の事故故障を未然に防ぐためのノウハウが豊富です。また、製造メーカーでリコールがあった場合の情報収集も早いためお客さまへの対応も迅速に行えます。